野菜の育て方のポイント

野菜の種類によって栽培が難しいもの比較的簡単なものとがあります。


栽培期間が長期間に及ぶものほど栽培管理が難しくなる傾向にあります。


これは、かん水や施肥、間引き、育苗、整枝せん定、受粉、摘果、病害虫防除など

各作業が必要となることと、気象の影響などを多く受けるためです。


地下部を利用する野菜の難易度は中程度が多く、

種イモを植え付けて栽培する野菜は種イモさえ良質であれば高い生産安定が望めます。


また、栽培地域の気象条件に応じた露地での栽培適期なら比較的栽培は容易となるうえに

旬の野菜として消費量が多く、栄養価も高くなります。


しかし、病害虫が発生しやすく、短期間に出荷量が集中するデメリットもあります。

なお、栽培期間を前後に拡大したり、端境期の出荷をねらうと難度は上がります。


そこで注意したいのは、野菜の種類によって花芽分化の要因が異なるので、

栽培時期に合った種類や品種を選ぶ必要があります。


春まきホウレンソウや春穫りキャベツ、早生系タマネギなどは抽台(とう立ち)しやすいので特に注意しましょう。

Copyright © 家庭菜園でおいしい野菜の作り方 All rights reserved